FC2ブログ

粒犬雑記帳

チワプー「こゆき」、チワワ「あん」の日々あれこれ。

ロミオ、試練の秋 〈その5 ロミオの役目〉  

2020/05/01
Fri. 21:21







20_04散歩道中にて01

昨年9月〜10月、ロミオが新しい暮らしに馴染むまではと

私の仕事中はAさんがロミオを預かってくれていた。

Aさんはロミオのママが入院したきり帰らぬ人となってしまう3ヶ月間

ロミオ、ひめ(フェレット)、くろ(猫)の命を繋いできた。





Aさんは、とりわけロミオに情が移ってしまい

ロミオをお迎えするか悩みに悩んだけれど

Aさん宅には闘病中のシニアの愛犬と保護猫がおり

Aさん自身も高齢で持病があるため泣く泣く断念した経緯がある。





ロミオを半日預けることは

引き取れない罪悪感と別れのつらさで苦しんできたAさんと

コミュニケーション不足でまだまだ時間が必要な

私・姉妹・ロミオにとってwin-winな関係であったし

お互いに信頼できるご近所ワン友ができたと心強く思えた。





そんなロミオのトライアルのような生活も

11月に入り強制終了となった。






Aさんが倒れて入院してしまったのだ。





入院中、Aさんの愛犬は県外在住の娘さん家族が預かり

私はAさん宅に残ったニャンコのお世話を引き受けた。








1911_ワンコ飯を奪うひめ01

8月末にママを亡くしたばかりのロミオは

11月には大好きなAさんとも急に会えなくなり

ほどなく「ひめ」にまで旅立たれてしまうことになる。

そして、ひめと一緒にロミオも可愛がってくれていた私の義姉も…








1909_初期ロミオ01

こんな小さなワンコの犬生は

たった半年の間に激変してしまった。

今やスパルタ粒主にダメ出しばかりを食らい

決して甘やかせてもらえない。

病院へ連れ回されるたび痛い目にあい、オヤツも最小限。

無愛想な姉妹には嫌〜な感じに距離を置かれ(苦笑)終日暮らす日々。








20_04ロミオ_01

それでも、このド天然スーパーポジティブヨーキーは

よくぞここまで逞しく復活してくれたと思っている。





Aさんは入退院を繰り返しつつも、3月には自宅療養となった。

元のように動けるまで相当なリハビリが必要らしく

コロナのこともあり退院後も会えていなかった。





Aさんから連絡があったのが、つい先日のこと。

ロミオと姉妹を連れて遊びに来て欲しいと。

コロナ禍で控えなければいけないのは通勤してる私の方。

病み上がりのAさんに万が一のことがあったらと考えれば

とても気が進まなくて断りかけたけれど…





Aさんはその数日前に愛犬が旅立ってしまい

火葬を済ませたばかりで、ひどく落ち込んでいたのだった。






短い時間で距離を取りつつ

私はポジティブ男のロミオだけを連れて行った。





謎の犬から一応ヨーキーに戻ったし

歯のグラつきは治らんけど

フードもしっかり食べるようになり

もう腐ったドブのような口臭もしない。

Aさんが知っていたロミオとは別犬になっているので

彼女は大変驚いていたし喜んでくれた。

ほんの少しかもだけど…気が紛れているようだった。





退院後のリハビリも順調そうだし

今週は久しぶりにロミオをAさんに預かってもらった。

朝、Aさん宅の玄関でロミオを降ろせば

以前のようにご機嫌で勝手にAさんのいる部屋に向かう。

フードとオムツは玄関に置いておく。







20_04ロミオ_02

Aさんに助けてもらったロミオ君よ。

今度は君がAさんを助ける番だ。

これは他のワンコではダメなんだ。

得意の構ってちゃんでAさんの笑顔を取り戻して来いっ!














ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ チワプーへ
にほんブログ村


更新の励みになにとぞ~
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[edit]

CM: --
TB: --

page top

2021-05