FC2ブログ

粒犬雑記帳

チワプー「こゆき」、チワワ「あん」の日々あれこれ。







現状わかっているロミオの困ったところ

・フードを一切食べない。柔らかいオヤツのみ。

・明らかに不健康。どんな病気をいくつ抱えているのか未知数。
 (AさんはNママさんからフィラリア予防薬すら託されていない。注射かもしれないけど、まずしていないだろう。)

・室内トイレのしつけができていない。若い子と違ってしつけ直しが困難。

・身内や友人宅のワンコならともかく、お互いを全く理解してない。散歩中に数回会っただけ。




ロミオの良いところ

・基本フレンドリー、仮に留守中ケンカしたとしても
 体格が姉妹より小さく歯もグラグラだから姉妹が傷つくことはない。 

以上




んーこれじゃ里親もなかなか見つからんわな。

しかも3日後にセンター行きだから時間がない。

しばらく預かって時間稼ぐか?

その間、できる範囲のケアしてあげれば

里親が見つかる可能性があるかもしれない。

でも見つかんなきゃそのまま一緒に暮らすしかない…か。




まだ付き合いが浅いロミオに対して、さほど思い入れはない。

ただ、私との共通点が一つだけある。

それは最愛の母親を突然亡くしてしまったこと。

これがどうしても引っかかっているのだ。




そして私自身も倒れてしまったりしたら姉妹は…

これは決して他人事ではない。

唯一Nママさんより恵まれているのが

身内が動物好きな家ばかりなこと。

もし私が入院するようなことがあれば両親に代わり

姉妹を預かると言ってくれている。

心強くてありがたいことだ。




その筆頭の兄に一応聞いてみる。

粒「もし、私が問題のヨーキー引き取ったらどう思う?」

粒兄「そういう性分だから、しゃーないね」

粒「あそ…(ちょっとは止めて欲しかったさ 笑)




あとはAさんに交渉だ。








翌日、フェレットと大きなケージは

庭で洗うスペースがある兄宅へ一旦持ち込むことに。

途中のペットショップでフードやグッズを買う。

可愛いハンモックにハーネス、リード、トイレの砂まである。

ケージは慎重に決めたいから今度ゆっくり探すとしてと…

フェレットと暮らすのも案外楽しめそうだな。








1909_爆睡ひめ01

他所のやんちゃなフェレットを知る兄は

連れて来た子が大変おとなしく人懐こいので、やたらと感心していた。

シャンプーする間も決して噛み付いたりしないし

ロミオと同居していたおかげで兄宅のワンコや姉妹にも動じない。








1909_何かいる04_2

動じたのはワンコたちの方だった(笑)

フードが変わっても食欲旺盛、元気そうだ。








粒「悪いけどケージ乾いたらもう一回運ぶの助けてくれる?」

粒兄「置いといていいよ」

「え??」

義姉「この子名前は?」

「えええっ? いいい、いいの?(汗)」

少し苦笑気味だけど兄夫婦たちは頷いてくれた。

姪も微笑んでくれている。








1909_乗られてますよ02

粒兄「この子、いい子だから」




ありがとう兄、おねえさん、姪っ子よぉ〜 (Tーヾ)




さっそくAさんに電話で聞き、ここで初めて

フェレッちゃんの名前が「ひめ」と知ったのだった。





翌週、ひめのケージは

今まで通りの大きいサイズで新品になっていた。

幸せ掴んだね、ひめ。










まだつづく













ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ チワプーへ
にほんブログ村


更新の励みになにとぞ~
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[edit]

CM: --
TB: --

page top

2021-05