FC2ブログ

粒犬雑記帳

チワプー「こゆき」、チワワ「あん」の日々あれこれ。

ロミオの長い夏 〈その3 粒主の目線〉 

2020/03/06
Fri. 21:21









2002散歩にて01

私は成犬の里親には向いていない。

フルタイムで働き、残業もある。

しかもすでに犬見知り&チンピラの多頭飼い。

もう両親のサポートは受けられない。

だから、絶対に首突っ込んじゃダメなんだ。

遠巻きにできることだけお手伝いしよう。

そう固く心に決めていた。




ところが、急遽Nママ宅の退去日が翌週に決まり

気になっていたことを、とうとう聞いてしまった。




粒「あの〜Aさん、フェレットは?
  あそこの愛護センターは受付対象外なんでしょ?
  たしかサロン経由で興味ある方いたんですよね?」

A「もう時間がないわ。N父さんに何とかしてもらうわよ。」

粒「・・・・・」

粒「・・・・・」

「・・・・・!!!」

粒「だ、ダメだよ〜っ! とにかくフェレッちゃん(名前知らなかった)一度見せて!」




うわぁ、やっちまった…(心の声)




でも、N父はこんなにもお世話になってるAさんに対し

食事・病院・サロン代などビタ一文払わないし

実娘の大切な家族を身内でもないAさんに

長期間お世話してもらっといて、お礼の一言すらない相当変わった(とんでもねー非常識な)方。

フェレットの世話どころか、きっと野に放して終わりだよ…




飼ったことないけど、鳥や小動物の経験なら一応あるし

基本ケージに入ってる生活ならば

姉妹がいてもなんとかならんもんかなぁ…と。




もちろんAさんは大喜び。

大家さんを通じてN父にも許可?をもらい

かくして初めてN家を訪問することになった粒主。





あぁ、やはり来るんじゃなかった。







Nママ宅のリビングでロミオたちは暮らしていた。

高級なインテリアが揃うリビングには

あまりにも不釣り合いな床の惨状が。

床に敷き詰められたペットのトイレシーツ

ロミオ用のトイレトレーとケージは見当たらない。

シーツ上以外にも粗相がいくつもあるから

ロミオは室内トイレのしつけが不完全なのがわかる。




そしてキッチンには大量のキャットフード。

ドッグフードやフェレットのフードは一粒も…ない。 ないっ!?

粒「Aさん、どういうこと? フェレッちゃんとロミオのフードは?」

A「フェレットはキャットフードでもいいらしいのよ。
  ロミオは食べないわ。でも、ドッグフードをあげても食べないからねぇ。」

粒「・・・・・」




そう言いながらAさんは手際よくシーツを交換し

フェレットを出している間にケージを掃除する。

そのケージがやたらとデカい。





ワンコ用で例えるなら、レギュラーサイズのトイレとベッドが楽に入るやつ。

一匹ならてっきり大きめの鳥カゴ程度と思っていた私。

すでに姉妹のケージが2個あんのに部屋がケージだらけになってまうやんか〜っ!




A「前は二匹だったらしいのよ〜」

粒「・・・・・」




あ〜あ、こりゃ一人で運べないなぁ。

買い替えるにしても運び出せるのは明日一日しかないし

一旦はこのケージで持ち出さないと…

一緒に運ぶの兄に頼んでみるかぁ…。

軽くパニックになったけど明日の段取りは大体できた。




少し冷静になって改めてロミオに目を移す。

革張りのソファーにはロミオの専用席(マット)がちゃんとあり

そこで嬉しそうに短い尻尾を振りながらAさんを見つめるロミオ。




電気が止められ、どんなに暑くても網戸、夜は真っ暗闇のリビングで

ロミオたちは1日1回、Aさんが来てくれるのをひたすら待ち続けて来たのだ。

自由に外に出られる猫のくろはともかく

ロミオは唯一Aさんが散歩に連れ出してくれた時にだけお日様を浴び

Aさんとご近所さんがくれるオヤツだけで今日まで生き延びた。




姉妹の散歩中に軽く会っただけでは気づかなかった

腐ったドブのごとく、まー強烈な口臭(我ながらヒドい表現だなぁ)

口の中を見ると歯石びっしりで犬歯以外の元の歯が全く見えない。

声も呼吸音もおかしい。

「ヴ〜ヴ〜ゲッゲッ」 「グシュッ」





歯周病が鼻までいってる? これって重症じゃんか。

A「歯周病は前からよ。Nママさんが自分で言ってたもの。」

粒「フィラリアやワクチン、ちゃんとやってたのかな?」

A「わからないのよ。かかりつけの病院も知らないわ。」

粒「・・・・・」

こんなんだから馴染みのご近所さんも引き取れないんだな。




猫のくろはなかなか帰ってこないし

私が明日フェレットを連れ出したら退去日まで

ロミオはこのリビングでひとりぼっち。

ようやく連れ出してもらえたら

今度は愛護センターで慣れないケージ暮らしか…




施設でどこまでケアしてもらえるかわからないけど

本当は今すぐにでも病院に行かないとダメなレベルやんか。

この体調のまま、今以上のストレスかけたりしたら

ロミオ一体どーなっちゃうの?




そして私の心の声Bが叫ぶ
「アカンよ絶対に! コラ迷うな私! 姉妹で手一杯でしょ? 無理だって!」




今度は心の声Cがぼやく
「明日本当〜にロミオだけ置いてけるのぉ?私ぃ?」








うわあぁぁぁ〜っ(実体)










まだつづく










当時は写真がなく文字ばかりですみません。
towaさんのところで最近の姉妹とロミオを載っけてもらえました。
謎の犬からヨーキーっぽくなってきてます(笑)。
よろしかったら…












ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ チワプーへ
にほんブログ村


更新の励みになにとぞ~
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[edit]

CM: --
TB: --

page top

2021-05