FC2ブログ

粒犬雑記帳

チワプー「こゆき」、チワワ「あん」の日々あれこれ。

それでも朝は来るのです 

2019/02/09
Sat. 00:00









仲睦まじかった私の両親。

私が生まれる以前より

仕事もプライベートも常に一緒

一昔前のチャーミーグリーンのCMみたいな

おしどり夫婦でした。





昨年の初夏に父が突然旅立ってしまい

悲しみに暮れる一方、私なんかよりも

もっともっとつらいであろう母のことを思うと

なんとしても母の笑顔を取り戻したい一心で

役不足ながらも右往左往してまいりました。





身内やケアマネさん、そして

ムードメーカーである姉妹の助けもあって

母は少しずつ微笑んでくれるようになり

昨秋、初めての母娘&姉妹の一泊旅行の際には

室内のランで姉妹と笑いながら遊び、食事も完食し

温泉も一緒に楽しむことができました。





激変してしまった日常でしたが

たしかに光が差してきていたのです。

そして皆で穏やかなお正月を過ごし…





私は…気を緩めてしまいました。

父が亡くなって間もない頃の

緊張感を保ってさえいれば

きっと回避できたであろうに

痛恨の判断ミスを犯してしまいました。





七ヶ月…たった七ヶ月しか

私は母を引きとめることができませんでした。





半年前に母と済ませたばかりの

あんなにしんどかった様々な手続きを

今度はひとりで淡々と進めつつ

気持ちがぐらぐらのまま職場には復帰しました。

家のことは問題が山積みで

まだまだ片付きそうにありません。





姉妹は異変を察してしまったのか

ちょっとしたことでも震えたりしていました。

このタイミングでまさかの誤飲疑惑も起こり

数日間、動物病院のケアを受けましたが

今はもう大丈夫です。





夜になると何度もなんども自問自答。

「あの時」の光景が毎晩のようにフラッシュバック。

どんなに後悔したって時が戻ることは無いし

頼むから夢であって欲しいと強く強く祈っても

変わらない現実を突きつけられる朝が来るのです。







1901それでも夜は明ける




だけど、夜明けの空はとても崇高で美しく

こうして一日一日を重ねるたびに

絶望しか感じなかったこの風景が

私の中の暗闇も少しずつ照らしてくれているような気がして

今は心穏やかに眺められるようになってきました。




もう少し時間が必要かもしれません。

それでもここに戻りたいです。

姉妹と暮らす幸せを綴る大切な場所だから。

去年の今頃なんて、まだまだ両親も元気でした。

2015年から始まった雑記帳。

ここには我が家の幸せがいっぱい詰まってる。






1909親娘旅にて




グダグダ更新でも訪問してくださるお優しい皆様と

コメントや履歴交流はもちろんのこと

時には本当にお会いできたりしたのも全部ブログのおかげ。

本当にありがとうございます。

早く開き直って、その時はまた姉妹とボケ倒して

皆様にキレのあるツッコミを入れてもらいたいものです。

食欲魔犬&チンピラ姉妹をこれからもよろしくお願いします。











スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2019-02